×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東海おでかけサイト

 おでかけ先をカテゴリーに分けています。
 Googleマップを利用して、おでかけマップを作っています。



施設概要
は、ウェブなどで調べた情報を元に記載しています。 そのため、情報に誤りなどがある可能性もございます。
その場合、メールフォームより、ご連絡くださいますと助かります。


岩屋堂公園

○岩屋堂公園50mプールは閉鎖されました。

今日は、地元では有名な川遊びができるスポット、岩屋堂公園におでかけします。

岩屋堂には、ハイキング散策コース、バンガロー村(デイキャンプ)、暁明ヶ滝、瀬戸大滝、展望台など、そして天然プールと子供向け50mプールがあります。
また、川辺には、いろんなところから下りることができ、水遊びや生き物観察ができます。
岩屋堂公園憩いの森案内図

プールまでの道
天然プールへは、ハイキングコースを通ってもいけますが、プールが目的の場合は、右の道路を登って直接行くほうが近いです。

それほど距離はありませんが、登りです。

下流の浅瀬1
上の地図の中心付近にある、売店の向かい側。
赤い橋を渡ったところから、川に下ります。ただ、きちんとした階段は無いので、小さい子供は抱っこしておろしてあげる必要があります。

下流の浅瀬2
上と同じ場所の上流側を見たところ。
ここは、浅瀬になっていて、大人の足首くらいまでしか水がありません。

川の水は、透明度抜群で、とても綺麗です。また、水はとても冷たく、暑い日はとても気持ちいいですよ。

下流の浅瀬3
上の写真の、段の上のところ。
上流に行くほど、段々と深くなります。この辺りは、膝くらいの深さです。

さらに下流
赤い橋の下流側。
こちら側には、虫とり網を手に、川を覗き込む親子がたくさんいました。

天然プール
右の写真は、もう少し上流に行ったところです。
ここは、川が堰き止められ、天然プールになっています。そのため、深さも結構あります。

子供たちは、段の上から、飛び込んだりして遊びます。

東海自然歩道
天然プール横の東海自然歩道。
横には川が流れ、木々に覆われているため、お散歩するだけでも涼しいです。

子供向け50mプール 天然プール以外にも、子供向けの50mプールもあります。
真ん中に柵があり、手前側は膝くらい、奥は腰くらいの深さになっています。

50mプールの水は、天然プールに比べると、冷たすぎずちょうどいいくらいです。
日光に当たって、水温が上がるのかな。

50mプールは、夏休み期間にあわせて、7月中旬から8月いっぱい利用できます。
もちろん無料です。

園内のトイレ
トイレは、公園になっているところ(右の写真)と、50mプールの横にあります。
朝、清掃されているようで、とても綺麗な状態です。

岩屋堂は、夏の暑い日は、水に浸からなくても、居るだけで涼しいです。
エアコンやクーラーとは違う涼しさを味わってみてはいかがでしょう。気持ちいいですよ。

おすすめ度
星5つ
お役立ち情報
無料駐車場は、プール開催期間中、車両進入禁止になる直前の橋を渡ったところと、その手前の橋を渡ったところにあります。 ただ、プール開催中は大変混み合います。

朝9時を過ぎたら、一番近い無料駐車場は一杯になることが多いと思います。
駐車場内は、身動きがとりづらくなるので、遠い方の無料駐車場に直接行くか、周辺にある有料駐車場の利用をお勧めします。

下の写真は車両進入禁止になる直前の駐車場です。
駐車場内には、地面にロープが張ってあります。ロープに沿って駐車しましょう。
無料駐車場2 無料駐車場

▲ページトップ


施設概要
名僧行基が三体の仏像を彫刻して聖武天皇の病を祈願したという岩屋堂。
岩屋堂とは、天然の大きな岩のほこらのことです。

岩屋堂には、いろいろな形の岩や、滝、ハイキングコースがあり、自然を満喫できるほか、川が堰き止められた場所があり、そこは天然プールになっています。
そのため、地元では有名な川遊びのスポットです。

また、秋は紅葉狩りでも有名な場所で、もみじまつりやライトアップが行われています。

オフィシャルページ
岩屋堂公園 ページ中下あたりの名称検索「岩屋堂」で見つかると思います。
天気予報
愛知県瀬戸市岩屋町のピンポイント天気(ウェザーニュース)
周辺地図
ブラウザの更新 を押すと初期位置に戻ります。 ▲ページトップ
自然へのおでかけリスト
Copyright (C) SK Production 2008-2009 All Rights Reserved