×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東海おでかけサイト

 おでかけ先をカテゴリーに分けています。
 Googleマップを利用して、おでかけマップを作っています。



施設概要
は、ウェブなどで調べた情報を元に記載しています。 そのため、情報に誤りなどがある可能性もございます。
その場合、メールフォームより、ご連絡くださいますと助かります。


瀬戸蔵ミュージアム

陶器のお皿のことを「せともの」と、昔から言いますが、「せともの」とは「瀬戸物」と書き、 愛知県瀬戸市に由来しているとは、知りませんでした。

瀬戸市には、瀬戸物に関する展示がある「瀬戸蔵ミュージアム」という博物館があります。
瀬戸物について学ぶべく、さっそくおでかけです。

瀬戸蔵ミュージアム1F
瀬戸蔵ミュージアムは2Fにあるので、中央にある階段を昇っていきます。

もちろん、エレベータもありますよ。

瀬戸蔵ミュージアム入り口
瀬戸蔵ミュージアムの入り口。
入り口のところに、受付があり、入館料を払って入ります。

尾張瀬戸駅
入り口を入ると、旧尾張瀬戸駅のホームに出ます。

写真は、尾張瀬戸駅の入り口。この、レトロな雰囲気、結構好きです。

瀬戸電
実際に走っていた電車が展示されています。

東海地方に来て、名鉄瀬戸線といえば、赤い電車が印象的でしたが、昔は緑色だったのですね。

瀬戸電の運転席
展示されている電車は、車内に乗ったり、運転席にも行けます。
子供たちは、いつもどおり、運転席でレバーなどをガチャガチャ。子供は運転席が大好きですね。


次に、「モロ」のほうへ向かいます。今回ここに来た主目的、瀬戸物関連の展示です(笑

モロとは、瀬戸焼をつくる工房(工場)のことを言うそうです。中には、焼き物つくりの機械などが展示されています。
フィルタープレス
フィルタープレス。やきものの材料になる、土をしぼる機械のようです。

クネットマシーン
クネットマシーン。中央の軸が回転して、ドーナツ状に置かれた土を練ります。

ときどき、実際に動きます。

モータとベルト
上で紹介したクネットマシーンは、上部に設置されているモーターで回転しています。

また、モーターの動力は、ベルトを介して、そのほか機械も駆動させているそうです。
やきもの工房というより、工場ですね。

ロクロ
やきものといえばすぐに連想されるのが、このロクロ。
ロクロの上に土を置いて、まわしながら手やヘラで形を作っていきますよね。

このロクロをまわすのも、上のモーターの動力を利用しています。

絵付場
こちらは絵付場です。
筆を使って、手書きで模様を書いていくのですね。

ここまでの工程がモロで行われるようです。

モロの展示を見ていると、材料の土が、形を変えながら色々な工程を経ていく過程から、自動車などの生産ラインを連想しました。
工業生産、ものづくりのルーツは、昔からある焼き物産業にあるのかもしれません。

石炭窯
モロの隣には、石炭窯があります。
石炭を入れる場所が4箇所、中央に、中をのぞけるところがあります。
窯の中には入れません。

生産道具展示室
こちらは、生産道具展示室です。土を練ったり、絵付けをする道具が多数展示されています。

顔料
展示品のひとつ、絵付けの顔料各種です。
土色のものが多いですが、カラフルなものもたくさんありますね。

焼くと、どんな色になるのでしょうか。

石膏型
こちらは、型焼物を作るための石膏型。
焼き物といえば、ロクロなどで作るイメージでしたが、型を使って作るものもあるのですね。

呈茶コーナー 生産道具展示室を出ると、「窯垣広場」という場所があります。
そこには呈茶コーナー(右の写真)や、休憩スペースがあります。

呈茶コーナーでは、瀬戸の作家が作られた茶碗を使って、抹茶を楽しむことができるそうです。 (有料:¥500お菓子付、土日祝日のみ)

休憩スペースには、こまや、けん玉など、昔ながらのおもちゃがあったりします。
また、窯へマキ投げできるコーナーや、ぬり絵もできるみたいです。

なお、トイレもここにあります。


窯垣広場から、3Fに向かいます。 3Fへは、階段かエレベータでいけます。
発掘された遺跡
3Fには、瀬戸の歴史や、瀬戸焼の歩みなどに関する展示があります。

右の写真は、瀬戸市の遺跡から発掘された品々が展示されています。

瀬戸焼の歩み
瀬戸焼の歩み、古墳時代から鎌倉時代の展示です。
この後、桃山、江戸、明治、平成と続きます。

瀬戸焼の歴史は長いですね〜

瀬戸物の灯籠
やきものの灯籠、後ろに、大飾壺が見えます。
大きさや図柄の細かさに驚きますが、青と白のコントラストがいいですね。

3Fの奥のほうに行くと、尾張瀬戸駅や、モロを見下ろすことができます。

このほか、企画展として、期間ごとに、やきものに関するさまざまな展示が行われています。

おすすめ度
星4つ
お役立ち情報
入館料は、一般¥500、高校生ほか¥300、中学生以下無料です。
駐車場は1F、および立体駐車場(地下)にあり、1時間以内は無料で、それ以降は1時間ごとに¥100となっています。
どちらの駐車場も屋根があるため、雨の日も濡れずに瀬戸蔵ミュージアムまで移動できます。

1Fには瀬戸物のお店があります。
また、周辺にも、目の前を流れる川沿いに、瀬戸物のお店がたくさんあります。
この日は雨だったので、我が家は行きませんでしたが、 瀬戸蔵ミュージアムを見て回った後で、お店を見てまわるのもいいですね。お気に入りが見つかるかも!
▲ページトップ

施設概要
焼き物の町、瀬戸にある焼き物に関する博物館。

やきもの工場「モロ」、瀬戸焼の生産道具が展示されており、瀬戸焼の歴史・歩みを見ることができます。
特別展示室では、やきものに関するさまざまな展示が行われます。
また、ミュージアムの中には、尾張瀬戸駅があり、電車も展示されています。

オフィシャルページ
瀬戸蔵ミュージアム
天気予報
愛知県瀬戸市蔵所町のピンポイント天気(ウェザーニュース)
周辺地図
ブラウザの更新 を押すと初期位置に戻ります。 ▲ページトップ
博物館へのおでかけリスト
Copyright (C) SK Production 2008-2009 All Rights Reserved